メルマガ購読者様限定【無料相談会】のご案内です

メルマガ購読者様限定の特別なご案内です!

下記のアンケートにお答えいただき、審査に通過しますと、 無料相談会のご案内をお送りいたします。  

審査といっても、難しいものではなくあなたのことを知るための、 3分程度で終わる、簡単なアンケートです。

無料なのはこのメルマガ会員様限定です!

このチャンスをお見逃しなく!

教則本を読んでも、何年レッスンに通ってもアドリブ奏法ができるようにならなかったあなたへ

❖あなたはいくつあてはまりますか?❖

教則本を読んでもよくわからなくて進まない
レッスンを何年も受けているのに、アドリブができるようにならない
コードやスケールを覚えてもどう使ったらいいかわからない
YouTubeを見ても実践につながらない
コロナでレッスンに通うのが難しい
ZOOMのレッスンでは物足りない

ひとつでも当てはまる方は、無料相談会に応募してみてください。

 

これまでいろいろと試してきたけれど 思うようにフレーズを作れるようにならなかった方には 新しい発見があることをお約束します。

初心者にやさしいオンライン「ジャズ・アドリブ」インストラクター

秦野 真里(はたの まり)
はじめまして。ここで私の自己紹介をさせてください。

私は3歳でピアノを始め、中学校の吹奏楽部でサックスと運命的な出会いを果たしました。

高校時代は吹奏楽をやりつつも、Jポップや洋楽、スカなどに興味があり、大学では軽音部に所属。ギターにも手を出すものの、「やはりサックスのほうが向いている!」と感じ、さらにのめり込んでいきます。

ファンクも聴くようになり、キャンディー・ダルファーのカッコ良さに魅せられ、サックスのソロやアドリブにもハマっていきました。

そのころから大学のジャズ研にも入り浸り、ジャムセッションやライブの経験を重ねていきます。

卒業後はビジネスを学ぶために銀行に就職、その後、ヤマハ音楽教室の認定講師に抜擢され、音楽業界に足を踏み入れました。

在任中の7年間で、総勢200名以上の生徒さんの指導を経験し、ジャズサックス好きの誰もが憧れる「ステージでアドリブ演奏をする」という夢を叶え、いつしか自分自身にとってもアドリブ指導が生きがいになっていきます。

より効率的・効果的な指導を可能にするため、ヤマハ音楽教室を退任。「独自のアドリブ習得プログラム」を開発し、現在は「まりっぺと一緒に学ぶ “SAXOPARK” 」を運営。オンラインレッスンの強みを生かし、日本にとどまらず、海外からもこのプログラムに参加する生徒さんを集めています。

プライベートでは2児の母。ピラティスインストラクターの資格をもつ、「日本で最もヘルシーなジャズサックス奏者」です!

アドリブができるようにならない原因はなんだと思いますか?

憧れをもって始めたジャズ・・・

それなのに何冊教則本を買っても練習すら取り組めず、 何年レッスンに通ってもできるようにならない・・・

その原因は何なのでしょうか?

努力不足? センスがない?

いろいろ考えて立ち止まってばかりで諦めかけていませんか?

その原因をここで見つけて 夢のセッションデビューを一緒に果たしましょう!

センスがないとアドリブはとれるようにならない?

センスはいらない!

 

センスがないとアドリブがとれないと思う方は多くいらっしゃいます。

でもセンスはなくてもアドリブ演奏はできるようになります!

なぜなら・・・

もうバークリー理論というのが確立されていて、音を数字で考えるということができるからです。

(これの詳しい説明はぜひ相談会へお越しくださいね)

あの有名サックス奏者のチャーリー・パーカーのフレーズの多くも、理論で説明することができます。

実際に私は完全に理論派で、フレーズも理論的に考えて構築しています。

もともと音感があまりなく、感覚ではできなかったので、理論にとても助けられました。

なので、感覚的にメロディを生み出そうとしなくても、ある程度のレベルまでは理論を頼りに作曲することはできるのです。

そうか!じゃぁ理論を勉強して覚えればいいんだね!!!

では、理論さえ理解できればアドリブがとれるようになるのか?
 
というと、答えはNOです。
 
理論というのは、「結果」ですので、それだけを知って、それに基づいてフレーズを作るとなると、
とても苦しい窮屈なものになってしまい、楽しめなくなってしまいます。
本来とは逆の方向に練習をしていることになるのです。
やはり「作ったものが結果的に理論に当てはまっている」というのが本来の形だと思います。
 

じゃぁいったい何をすればいいの??=最大の難関である○○!

では、いったい何を重点的にやればいいのでしょうか?

 

それは、「自分でフレーズを作る」というトレーニングです!

そしてそれはアドリブ奏法を習得するのに最も苦労することでもあるのです。  

理論がわかって、そこにただ当てはめていくだけでは、自分でフレーズを作るということにはなりません。

「フレーズを作る」とは、ゼロから生み出すことです。

そのためには、自分で試行錯誤していかなければなりません。

その部分にかかる努力や時間、勇気はさけられないのです。

また、既存のフレーズを丸暗記していくことでメロディの構築をしようとすることも同様の理由でアドリブソロにはつながっていきません。

(もちろんこれは必要な練習であるのですがその意味を正しくとらえる必要があります)

自分で生み出した先に、既存の理論を当てはめて「フレーズを発展させていく」ことが、本来のアドリブ習得の手順です。

それを、「このスケール練習をやれば」「このコード練習をやれば」「このフレーズを暗記すれば」アドリブが吹けるようになる、と思ってしまていると、ただのエチュードコレクターになりかねません。

もちろん、すべてこなせれば問題ありません。あれこれ情報だけいれて、

何もやらずに、「アドリブができるようにならない」と言っている人が多すぎるのです。

え!?アドリブなんだから自分でフレーズ作るのは当たり前じゃない?

アドリブをできるようになりたいんだから、

自分でフレーズ作るトレーニングするなんて 当たり前じゃない? と思うかもしれません。

 

でも意外とそこにフォーカスを当てたレッスンがありません!!!

多くは、コードやスケールの演習方法のレクチャーが行われるのが一般的です。

あなたが使っている本や、習っている先生は、「フレーズを作る手順」や「試行錯誤していく方法」を導いてくれますか?

あなたはこんな先生に習っていませんか?

使えるスケールは教えてもらえるが、それをどう使うか教えてもらえない
理論をもとにしたコードやスケールの練習方法は教えてもらえるが、それがアドリブのどうつながるかを教えてもらえない
できないと、「それは練習が足りないからだ」と言われる
トランスクライブ(コピー)がすべでだ、とコピーをしてフレーズの分析をするが、自分のフレーズを作ることにつなげることはしていない
指示が抽象的・感覚的である

 

ひとつでも当てはまる場合は、注意が必要です。

おそらくその著者や先生は、自分がその方法をとってアドリブができるようになったのだと思われますが、その先にあったはずの「試行錯誤」の部分、フレーズを構築するという部分の説明が欠乏しています

 

もしかしたら、そこの部分が感覚的にできてしまったがゆえに説明できないのかもしれません。   あなたはそのような感覚的な指示を受けて、それを理解してできるようになりますか?

そのうえ、一般的なレッスンシステムだと、知らないうちに無駄な時間を費やしてしまっています。そのことに気が付いていますか?

一般的なジャズコースのレッスンシステムでは、とても効率が悪くなってしまいます・・・。

システムのせいで、自分の学びが遅くなってしまうのってもったいなくありませんか?

一般的なレッスンシステムとは?

・一回60分から90分 ・月1回~2回   このシステムのデメリット

①一回に得る情報量が多くなる

時間内でいろんな練習をするので、満足はできますが、情報量が多くなりすべてを習得するにいたらなかったり、復習の録音を聴き返すのも大変

②月1~2回ではインプット量もアウトプット量も少なすぎる

想像してみてください。月1回英会話に通って、英語を話せるようになると思いますか?すべての学びはインプットとアウトプットの量できまります。月1回や2回では明らかに少なすぎます。また、レッスンとレッスンの間が空けば空くほど、「ジャズ脳」から離れてしまうというのも、上達の妨げになるのです。 さらに、自主練習中に浮かんだ質問をすぐに解決できないのも、習得のスピードを遅くしてしまいます。

③カリキュラム化されていないことが多い

練習方法の楽譜を渡されることは多くありますが、すべての練習を体型化している先生は少ないと思います。なので、学びが断片的になりやすく、どういう場面でその練習をすべきだったのかを忘れてしまったり、結局何をやっているのかよくわからなくなってしまう・・・ということが多く起きます。

「学び方」を変えるだけで、短期間で「自分フレーズ」を構築できるようになります!

\実際の受講生のご感想/

リアルレッスンより効率がいい!

奥村さん 50代/男性/カリフォルニア州

自分のペースで練習して、正しく前に進めるところが素晴らしい。
かなり綿密なチェックを頂けるので、リアルレッスンよりも効率が良いと思います。動画も十分にわかりやすいですが、さらに、添削していただくことにより理解が深まります。
音声によるお返事や、吹いていただいた音を聞かせていただくこともできます。しかも、何回も聞き直せる! 
自分は、頂いたメッセージは、書き起こして、理解を深めるようにしています。
奥山様が執筆されている練習日記noteはこちら

私にとって画期的なレッスン!

Sさん 40代/女性/公務員

このレッスン、すごいですよね。毎日とは言いませんが、1日に2回でも3回でも勉強できるんだもん!

昼休みの空いた10分だけ、とかそんな時間も有効に使えちゃう。一年前に、こんなレッスン想像もしなかったです。

動画を観て、フンフン、なるほど、と思って分かった気がして、次の日に忘れるけど、そこでまた動画が見られて思い出せる!

通いのレッスンだと、先生が話してくださると、フンフンなるほど★と思うけれど→家に帰ると忘れる→次のレッスンまでに完全に消去される・・・→進まない(;’∀’)となる気がする。

あたしにとって、

画期的なレッスンだと思いました!!!

変則的な仕事についていても受講しやすい!

A.Nさん 50代/女性/愛知県

他の方と比べることなく、各々がそれぞれやりたいことに向かっている様子を見ると、自分も意欲的になれます。フルタイムで変則的な勤務のため、日時に制約のあるようなレッスンだと、なかなか続かないのですが、自分の都合の良いときにコメントを見たり、オンラインレッスンに参加できることは楽しみです。

焦点をしぼったわかりやすい内容!効率的!

神山喬一さん 20代/男性/美容師

定期的に開催されるオンライン練習会が焦点をかなり絞った内容で、しかも短時間なので分かりやすくてとても良いです。参加できなくても、後日アーカイブとして残してくれるので助かっています

ポイントは「学び方」です!

この人たちがどんな風に学んでいるのか?

気になりませんか???

 

とにかくポイントは「学び方」です。

「学び方」を変えた方々は短期間で成果をだしています。

しかし、このような「学び方」を教えてくれるスクールは日本にありません。

 

 

一般的なレッスンでは、それを体感するのに、とにかく時間がかかりすぎます。

また集中的に学ぶならば、

専門学校や大学に通うことが通例となります。

 

となると、年間100万~200万円程度の授業料が必要になります。

さすがにそれは、金額的にも労力的にも、時間的にも、大変ですよね。

 

そこで、今回相談会で私がお伝えすることにしました!!

今回「どのように学ぶとよいのか」という部分を

相談会という形で皆様にお伝えすることにしました!

 

今回の相談会は無料です!!!

 

 

なぜ無料かというと、

とにかく多くの方にこの方法を知ってほしいのです。

本当に何年かかってもできるようにならない方、チャレンジをすることすら諦めてしまっている方に、

効率的に学んでほしいのです。

限られた時間で、最大の効果をあげていきたい、と思うのはみなさん望むことだとおもいます。

ただし、全員の方にご参加いただくことができません。

ただし、本当に価値があることだと思っているので、

スキルをものにする意欲の高い人にきていただきたいと思っています。

ということで、今回は以下の方を対象者としていきます。
・楽譜が最低限読める方(8分音符程度の楽譜)
・楽器の演奏技術を最低限習得している方(半音階を吹ける)
・練習時間を1日30分~1時間とれる方(毎日でなくてもよいが週3日以上)

相談会で得られること

今回の相談会では、

  • あなたの現状の把握
  • そこから何が足りないかの分析  

をさせていただきます。

 

また、

指導歴13年、200名以上を指導してきた私が考える、

「アドリブ奏法を最速で習得するための5か条」

をお伝えします!

 

この相談会にお越しいただければ、

なぜあなたがアドリブが取れるようにならないかの、本当の理由がわかってしまうのです!!!

私がこの相談会にかける想い

もうこんなレッスンはしたくない、と思った

私は、大手楽器店での個人レッスン、グループレッスンの講師を経て、

自宅で対面レッスンをしてきました。

そして、常に効率的な学びについて追及してきました。

 

その結果、今のオンラインプログラムにいきついたのです。

 

このオンラインプログラムを作ってからは、

「もうこんなレッスンはしたくない」とはっきりと思いました。

どんなレッスンかというと・・・

「課題は、これと、これを、やってきてくださいね!」

「課題やれなかったんですね・・・いいですよ!今日また一緒にやりましょう!」

 

私はこんなレッスンはもうしたくないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このオンラインプログラムは在籍生と共に作り上げました。

生徒さん方の様子を見て、

もっとよくなる、もっともっと!!!

と変化を遂げ、

多くの方が「自分のフレーズで音をつむぐことができた!」

と実感できる成果をあげることができるようになりました。

 

私は、その姿をみて、生徒さんがどんどん生き生きとしていくのを感じます。

人生が変わった

とさえ言ってくださる方がいるのです。

 

でも

もし、本当に

アドリブ演奏をしてみたいという夢をずっと抱きながら

「まだ自分にはできないだろう」

「このまま続けていればいつかできるようになるかもしれない」

と長年足踏みをしている方がいたとしたら・・・・

その先へ進めたときの感覚は

 

とんでもないものですよ!!!!

 

一緒にその世界に行きたい!と少しでも感じていただけたら、

ぜひ相談会にご応募くださいませ。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!